[MAXI] チタンウォーターボトル 800ml

¥ 10,692 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料500円が掛かります。

※15,000円以上のご注文で送料が無料になります。

シングルウォール・チタンの水筒。

容量は800ml。
重量は148gと軽量です。

一見すればただの高級ボトル。
ですが、よくよく考えていくと、このボトルには多くのメリットがあります。

・金属製ボトルを使うこと
保冷、保温機能のあるダブルウォールのものは飲み物の温度を保つという大きなメリットを持っています。しかし二枚構造(=ダブルウォール)と一枚構造(=シングルウォール)とを比較すると、同容量の場合ダブルの方がサイズが大きくなります。言いかえればサイズの割に内容量が少なくなってしまうということです。
またペットボトルや一般的なプラスチック製スポーツボトルと比較したときに重量面ではもちろん敵いませんが、”金属”であるという特性からくる、耐久性やリユース性能、衛生面といった点が先述のデメリットとなる部分を補い、山道具として活躍する場が与えることとなります。
このボトルに使われているチタンという素材は、飲料などの味をほぼ変えないことや、腐食やサビに対して強い耐性を持つので食器や水筒としての用途に適しています。そして金属のなかでは軽いという点も特筆すべき点です。
さらにシングルウォールかつ金属であることが、もうひとつ大きなメリットを生み出しています。

・チタン一枚もののメリット
前述の”一枚もの”であることで、バーナーや焚き火台など、直接火にかけて湯沸かしできるのです。
=クッカーとして”も”使える。
アウトドアアクティビティの行動中には使わない(バックパックに入れたままの)アイテムがどうしても存在します。その筆頭となるのはスリーピングアイテムで、次がクッカー類。
幕営地における食事の種類にもよりますが、フリーズドライ食品やカップ麺をはじめとするお湯のみを必要とする食品を選択する場合、一般的な鍋などを持って行かずともよくなり、大きなメリットを享受できることとなります。
火器類はバックパックに入れざるを得ませんが、ボトルは行動中に水分補給用として使うためバックパックの中身を減らすことが出来るのです。

・バイクパッキング時におけるクッカーの収納
過去のバイクパッキングにおいて、自転車に対してギア類を収納していく際に気になっていたのがクッカーの収納。バックパックと比べて特殊な収納スペースとなる振り分け式のバイクパッキングバッグ(ハンドルバーバッグ、フレームパック、シートバッグ)であると、どの位置にパッキングしたものか悩みどころでした。
このチタンボトルは高さ220mm、直径75mm。
一般的な自転車ボトルとほぼ同じ直径となっているのでボトルケージに差し込むことができるのです。
自転車ボトルと違い水を飲むためには一度停車する必要があり煩わしくはありますが、クッカー兼ボトルとして使うことで各種バッグの収納スペースをクッカー分空けることが可能。
ボトルケージによっては脱着の際にボトル本体に傷がつくことがあります。ボトルは使用していくうちに自然とキズがついていくものですが、神経質な方にはオススメできません。


・使用時の注意
-加熱時はキャップを外すこと。上に置くだけであれば問題ありません。
-加熱後はボトルがとても熱くなります。手袋等をして取り扱うことが大事です。
-その形状からバーナーの上に置くと背が高くなってしまい、通常のクッカーと比べ安定性に欠けてしまいます。
-商品写真のボトルは私物ですので使用に伴うキズがついています。入荷時・発送時に検品はしていますが製造時におけるキズが生じることもあります。ボトルは使用していくうちに自然とキズがついていくものですが、神経質な方にはオススメできません。金属磨きやヤスリなどを使いキズを目立たなくすることもできますので、必要に応じて自己責任で実践ください。私も各種ステンレスをはじめとした金属製ボトルを所持していますが、あえてヤスリがけをして光沢を無くしたりキズを目立たなくしたりと加工をしています。所有感も出るのでお気に入りとなっています。
-キャップ、ボトル本体ともにチタン製です。開閉の際に金属の擦れる音と感触がありますので、苦手な方はご遠慮くださいませ。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

ショップの評価